移住前のリサーチは超重要!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

沖縄はプロパンガスだから価格が高い!

 

東京に暮らしていた頃ガス代なんてほとんど気にしたことがありませんでした。

 

都市ガスは基本料金も安いし従量単価も安かったので毎日自宅で自炊してお風呂も毎日お湯はりをしても月に大体4,000円ほどです。

 

夫婦2人でこの価格なので1人暮らしするよりも安かったんです!

 

でも!沖縄県は都心と違って「プロパンガス」なので基本料金からして高いんです!(^_^;)

 

ガス会社によって料金に多少違いがあるみたいなんですが、マンションの場合ガス会社は指定なので自分で選ぶことができません!

 

流石に引っ越し前に指定のガス会社がどこなのか調べて、そのガス会社の基本料金がいくらなのかそこまでは調べてなかったんです(^_^;)

 

普通はしないと思いますけどね(笑)

部屋に設置してあるガス乾燥機は罠

 

沖縄県は夏になると台風も多いし、普段の日でも風がとても強いので外に洗濯物をいつでも干せるというわけではありません。

 

その為か部屋に乾燥機が付いた物件が多いんです。

 

でも、今の家に引っ越してきた時にガスの業者さんが乾燥機はガスで動くので

 

ガス屋さん
「頻繁に使用するとガス代がすごい事になりますよ!(^_^;)」

 

と教えてくれたんです。

 

出来ることなら使わない方がいいです(^_^;)とまで言っていました(笑)

 

乾燥機がガスで動くことを知らずに使用した人からクレームが多いのか、使用する前に教えてくれるなんてやっぱり沖縄の人って優しいですよね!(^o^)

 

じゃあ、なんでここに乾燥機を取り付けたんだ?と疑問にも思いましたが沖縄では常識なんでしょうね。

 

お天気がよくあまり風が無い日を見計らって洗濯物を外に干すのって大変だなって思いましたが、私が東京で1人暮らしをしていた時は、仕事で忙しいというのと防犯を考えていつも洗濯物は部屋干しをしていたのでそこまでデメリットでは無いと思います。

スポンサーリンク

恐怖のガス請求書

 

そして、引っ越ししてきて1ヶ月が立ち、ガスの請求書が来たので見てみると

 

夫婦2人で8,000円以上でした。(;・∀・)

 

東京に暮らしていた頃の約2倍の料金です。

 

ガス代が高いことは重々承知していたつもりでしたが、まさかここまでとは(^_^;)

 

たしかにガスの業者さんの言う通り、これで乾燥機なんて使用していたら万超えになっていたところでした。

 

この間、もちろん乾燥機は1度も使用していません!

 

料理は昼と夜に簡単な炒めものや魚を焼く程度です。外食もしていたのでそんな頻度では使用していないです。

 

問題なのは、風呂の浴槽を毎日ためるということでしょうか。

 

沖縄県の物件は基本的に追い焚き機能が付いている物件がほとんどありません。

 

家賃が2、30万~の高級マンションに行けば付いているかもしれませんが、私みたいな庶民にはそんな家に住めません。

 

なので、旦那さんとお風呂の時間をかぶせなければ1日に2回お湯はりをしなくてはいけないんです。(^_^;)

 

旦那さんは割といつも深夜まで仕事をしているので合わせるとなると日付が変わってしまいます。

 

恐らくガス代が高騰した理由がここにあったのだと推測されます。

 

沖縄はオール電化が推奨されている

 

沖縄はガス代が高いということで、だからオール電化が流行っているということが理解できました。

 

たしかに電気屋さんに行くとやたらオール電化がピックアップされていたりCMでもよく宣伝しています。

 

我が家は賃貸なのでそんな事も出来ず・・・

 

「いっそのことガステーブルを取り付けし式のIHに変えようか?」

 

という意見も出ましたが、電気屋に見に行っても一番安いもので10万円ほどしています。

 

IHって結構高い(^_^;)

 

仮にガステーブルをIH取り付けに変えたとして月にガス代が2,000円安くなったとして、年間にすると約2万4千円。

 

約4年以上使用してからやっと元が取れる計算になります。

 

我が家の場合はそれまで今の家に住んでいるかもわからないし、もしかしたらその頃にはまた別の県に引っ越ししてるかもしれないので微妙なところです。

 

もちろん、元々沖縄に住んでいてこれからもずっと沖縄に住み続ける人や、マイホームを建てたというような人は絶対にIHにするべきだと思いますよ!

 

色々と調べた結果、ガス代節約法

 

そもそも、基本料金が高いのでなんとも言えませんが少しでもガス代を安く済ませる方法としては

 

  1. お湯の温度を39度に設定する
  2. 夫婦で風呂は同時に入る
  3. 頭と体を一気に洗って一度のシャワーで流す
  4. 風呂のお湯張りは5割までにする
  5. 料理は主に電子レンジを使用する
  6. コンセント式のIHコンロを使用する
  7. 電気ケトルを使用する

 

などが、出来ることになります。

 

一つひとつは微々たるものかもしれませんが、チリも積もれば山となります。

 

我が家の場合は、上記の対策を行った所夫婦2人で6,000円ほどまでに下げることができました。

 

さらに電気グリル鍋を購入し料理はほとんどこの鍋で調理するようにしたので、IHコンロにするよりも遥かに手軽に電気で調理することにシフトすることができました!

 

これは本当におすすめです!

 

IHコンロが結構高価なものになり、最低でも10万円以上はするのでなかなかIHコンロにシフト出来ないなという人は試してみてください。

 

グリル鍋は安いものだと5000円未満で購入できます。

 

調理も簡単だし焼き肉用のプレートと鍋の2つ使えるようなタイプが大変便利ですよ(^^)

 

本当はガス会社を変えたり、都市ガスの物件に引っ越すのがいいのだと思いますがその分お金も時間もかかってしまうのでなかなか出来ません。

 

沖縄県はガス代のみならず、電気、水道代も高いように感じます。

 

都心と比べて家賃がその分安くはなりますが、沖縄への移住が生活コストを下げる目的になってしまうと失敗の原因になってしまうかもしれません。

 

みなさんは物件を探す際には十分お気をつけくださいね(T_T)!

スポンサーリンク
おすすめの記事