移住前のリサーチは超重要!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

南城市を走る「おでかけなんじぃ」

南城市内を走る「おでかけなんじぃ」は電話で事前に予約をして乗車するという新しいタイプの乗合バスで、10名乗りのワゴンバス(おでかけなんじぃ)でお迎えに行き市内の目的地まで送り届けてくれるサービスです。

 

南城市内であれば、1人1回300円でどこでも送り迎えしてもらえます。

 

タクシーを使うとかなりの金額がかかってしまう場所だったり、家の前まで来てくれるので大量の買い物をした時なんかは大変便利に使うことができます。

 

斎場御嶽やおきなわワールド、ユインチホテル南城といった施設への移動はもちろんお買い物にも大変便利なんです。(^o^)

 

利用の仕方は簡単で事前に電話で予約をしておけば、指定した場所まで迎えに来てくれます。

 

南城市民の場合は事前登録する必要がありますので気をつけてくださいね。(*^^*)

「おでかけなんじぃ」ってどういうサービス?

【利用料金】

1人(片道)1回の利用につき300円 ※未就学児無料

12枚綴りの回数券(3,000円)を車内で販売購入することもできます。

 

【利用対象者】

・南城市民 ※事前登録する必要があります。
・南城市内を訪れる観光客

1人で乗車できる人であれば年齢に関係なく誰でも利用できます。

 

【運行時間】

8時~20時

 

【予約方法】

30分前までに電話で予約してください。

※8時台の便は前日予約が必要です。

 

【運行日】

毎 日 ※年末年始(12月31日~1月3日)を除く

 

【運行区間】

南城市内 (久高島を除く)

 

【予約のキャンセル】

利用を取りやめる場合は、利用便の30分までにキャンセルの連絡をしてくだい。
※デマンドバス(おでかけなんじぃ)は複数の人との乗合バスで複数のバスで運行していて、利用者の状況により最適な運行ルート車両を選択するシステムであり変更が生じた場合は必ず連絡をしてください。

スポンサーリンク

おでかけなんじぃの利用方法

    1. おでかけなんじぃ受付センターに電話 (098-949-1235)をして事前登録をします。

※観光客の人は事前登録は不要です。

    1. オペレータが登録された会員であるか事前登録した電話番号の確認をします。(観光客の方については名前を伝えて下さい。)
    2. 利用者は、事前登録した電話番号を伝えて下さい。(観光客の方については、連絡がとれる電話番号を伝えて下さい。)
    3. 利用する日を伝えてください。
    4. 利用する時間便を伝えてください。 (1時間間隔便なので、8時便、9時便・・・時間便で予約します)

※予約の受付締切は、発車時刻の30分前迄です。予約締切時間を過ぎた場合と対象予約車両の利用者が定員に達した場合は、次便の案内となります。

  1. お迎え場所を伝えてください。
  2. お送り場所を伝えてください。

 

※この時に帰りのお迎えについても一緒に予約することもできます。

おでかけなんじぃの時刻表

電話(TEL 098-949-1235 )にて予約してください。観光客については事前登録なく利用できます。

予約受付は利用日の30日前から当日の運行時間帯の30分前まで。

8時便の予約については前日の20時までです。

※30日前からの予約受付は観光客のみとなります

利用上の注意

    • 予約の受付開始は原則として利用日の30日前からお申込みできます。

※30日前からの予約受付は観光客のみとなります

    • 予約の受付時間運行時間は8時から20時までの1時間間隔便です。

※2017年10月1日より運行時間は午前8時〜午後8時となります

  • 8時便については前日までの受付です。
  • 予約の受付締切は発車時刻の30分前迄です。予約締切時間を過ぎた場合と対象予約車両の利用者が定員に達した場合は次便の案内となります。
  • 乗車対象者は一人で乗降できる市民及、南城市を訪れた観光客(登録が済んでない人は、電話での登録もできますが登録後でないと予約はできないので注意して下さい。観光客については登録は必要ありません。)未就学児は保護者の同伴となります。
  • 同じ場所から同じ目的地への移動の場合代表者1人で複数の会員乗車予約をすることができます。(ただし、利用者会員の情報が必要です)
  • 原則ペットとの乗車はできません。
  • 複数の方との乗り合せで運行するため、乗降場所への到着時間については余裕のある時間便をご予約してください。(先に乗車された方が先に降車するとは限りません。乗合利用者の方の最適なルートで運行致します)また、道路事情等により利用予約者の希望する乗降場所への運行が困難な場合は運行可能な範囲となります。
スポンサーリンク
おすすめの記事