沖縄県金武町にある米軍基地キャンプハンセンのフェスティバルに実際に行ってきました!(^^)

このページではハンセン・フェスティバルの場所や地図、米軍基地内での買い物、イベントに行ってみた感想、2019年のゲストは誰だったのか?などを詳しくご紹介しています♪

キャンプハンセンの場所や地図

キャンプハンセンフェスティバルは沖縄県金武町(きんちょう)にある米軍基地で開催されます。

住所:〒904-1200 沖縄県国頭郡金武町

【アクセス】

那覇空港からは沖縄自動車道を利用して車で約50分です。

バスで行く場合は「沖縄バス77番」に乗車してください。所要時間は約2時間です。

スポンサーリンク

キャンプ・ハンセンフェスティバルの2019年と過去の日程表

日程 2019年1月26日(土)・27日(日)
料金 入場無料
時間 午後1時~午後9時
住所 〒904-1200 沖縄県国頭郡金武町
場所 米海兵隊基地キャンプ・ハンセン(沖縄県金武町)
入り口 ゲート1
過去の日程 2017年9月16日(土)・9月17日(日)
2018年9月29日(土)・9月30日(日)※台風接近のため中止

【注意事項】

  • 入場対象者は日・米国籍またはSOFAの方のみ
  • 入場時に写真付きの身分証(免許証など)の確認
  • 18歳未満は保護者同伴(18歳未満の身分証明書は必要ありません)
  • ペットや飲み物、クーラーボックスの持ち込みは禁止されています
スポンサーリンク

キャンプハンセンの入り口はタコライス店の目の前

キャンプハンセンはピリッと辛いタコライスの発祥の地として知られる金武町にあります。
アメリカのように建物にカラフルな落書きがされていたりして街並みも散歩していて楽しいです(*^^*)

会場のオープンは13時からですが少し早めに行っても入場することができますよ!駐車場が満車になる前に行った方がいいので混雑を避けたい人は13時前に入るのがおすすめ!

県道329号線にあるタコライスのお店で有名な【パーラーゲート1】が目の前にある出入り口、ゲート1が入り口になります。

ハンセンのイベント入場時はIDで身分確認が必要!

ゲートから入場する際は必ず写真付の身分証(運転免許証など)が必要になります。

成人以上の同伴者も提示するように指示があるので大人の方は必ず身分証をもっていってくださいねー!
この身分証を持っていないと基地の中に入れないので、必ず忘れないように準備してください。

ゲートの身分証チェックのさいに、県外ナンバーやレンタカーの【わ】ナンバーの場合、車のトランクなどをチェックされる場合もありますが普通の荷物であれば問題ありません。
チェックといっても荷物を逐一検査されるわけでもないので、米軍の方にお任せしておけば大丈夫です!

ただしドキドキはしますけどね・・・・(;´・ω・)
私も車チェックをされたことがありました。

 

他のキャンプフェスティバルでは、身分証のチェックと一緒に手荷物検査や金属探知機でのボディチェックもあったのですがキャンプハンセンでは受けませんでした。

ゲート1の身分証の提示も同乗者全員をチェックしていくので、少し時間がかかります。
入口は早くにいっても渋滞しているので、気長に待ちましょう!

本日の目的であるEXCHANGEへ向かいます!真っ直ぐ進めー!

一番最初にいって欲しいのは大きなショッピングモールであるCamp Hansen Exchangeです。
米軍基地内のスーパーは日本のものと品ぞろえがとにかく違います。

キャンプハンセンのEXCHANGEの中は規模が大きくフードコートがあったり日用品から電化製品まで取り扱ってます。
人もお昼過ぎにはフードコートにかなり集まって混みあうので米軍基地内でしか食べられないフードを食べておきましょう!

 

ゲート1から入場したらキャンプハンセンの入り口を真っ直ぐ進んでいきます。
とにかく真っ直ぐ進んでいきましょう。
道が大きいので迷うことはありません。

 

米軍基地内には兵士の方はもちろん、参加者の車や歩行者がうようよしているので運転には気をつけてください。
見通しも良いですし、道路の幅も大きいのでスピードが出がちですが意識してスピードを落としてくださいね。

米軍車両と事故なんてことになったらシャレにならないですからね(゚Д゚;)

突き当りを右に曲がると大きな白っぽい建物が見えます。
それがEXCHANGEです。

建物の外観はこんな感じで【EXCHANGE】と書かれています。

キャンプハンセンのフードコートは種類が豊富!おすすめは・・・?

キャンプハンセンのショッピングモールEXCHANGEにあるフードコートは建物の規模が大きいためか、他の米軍基地に比べて種類が多いです。
ピザハットやサブウェイ、バーガーキングといった全国的に有名な人気チェーンもありますし、日本に進出してないけど米軍基地内限定で食べられるお店もあるんです。

POPeYesが日本で食べられるのは米軍基地内だけ

正式名称がポパイズルイジアナキッチンというPOPeYesはフライドチキンのお店です。

まず最初にケンタッキーのような食べやすいタイプの味じゃないです。
独特のスパイシーな味は好き嫌いがけっこう別れると思います。
私はセロリとかパクチーといった香味野菜とか苦手なんですけど、ポパイズの独特な味は大好きです。

 

フライドチキンも小さめのピースを選べますし、蜂蜜がかかったドーナツも美味しいです。

Charley’sの薄切り牛肉とチーズのサンドは最高

チャーリーズフィリーステーキというCharley’sはステーキを提供してるわけではありません。
薄切り牛肉を炒めてチーズを鉄板で溶かした牛肉サンドがメインのお料理になります。

 

一緒に頼んで欲しいのはフレッシュレモネード!
単品だと酸っぱいんですけど、牛肉サンドと一緒に食べると口の中がさっぱりしてすごく相性が良いんです(*´▽`*)

タコベルはタコスのお店

タコベルは大阪などにも進出しているタコスのお店です。
沖縄ではタコライスが有名ですが米軍の中ではやっぱりタコスも愛されてるんですねー。

 

本場の味とあって辛めの味付けになっているので、辛いタイプと辛くないタイプが選べるメニューを頼みましょう。
タコスも美味しいんですが、私のおすすめはスイーツです。

 

シナモントスターダというカリカリに揚げたトルティーヤにキャラメルソースやチョコレートソースがかかっているのが美味しいです。
シナモンの風味がかなり効いているスイーツって珍しいので190円で楽しめるのは本当にうれしいです(n*´ω`*n)

キャンプハンセンの買い物は日本円でOK!

普段は米軍に基地の中には入れませんが、こういったイベント行事の時は基地の中にあるショッピングモールで日本人も買い物をすることができます。

支払いはドルでも日本円でもOK!どちらでもかまいません(^^)ドルが無い人は建物の入り口に両替場がありますのでそちらで交換してもいいでしょう。

食べ物・飲み物・キッチンペーパー・トイレットペーパーなどが買える衣食料品店は人気で16時過ぎには入場制限がかかっていたので、お目当てに人はなるべく早い時間に行くことをおすすめします。

また、日本人が購入できるのは食べ物と飲み物のみなので注意してください!

スーパーでは一応「日本円」を使うことができますが、一度ギフトカードにチャージをしてからそれで決済をするという流れになっているので、ひと手間かかります。なので日本円が使えるレジは大行列になっていて混んでいると1時間近く待たされる羽目になります。

何度も米軍基地のイベントに来るようであればドルに両替しておくか、クレジットカード払いをおすすめします\(^o^)/

米軍基地の中のスーパーではどんなものが売られている?

EXCHANGEのスーパーにはアメリカの商品ばかりが並んでいます。
いろんなお菓子やチェリーコークといった日本ではあまり見られない食べ物も棚に並んでます。
遠くにジュースやお菓子類は青や黄色といった原色のお菓子もたくさんあります(笑)

サイズも大きいですし1パックの容量も多いんですよね。
購入しても買って帰るのが大変そうでした(;'∀')

 

スポーツ用品コーナーでは野球用品やアメフト用品が多かったです。
日本では活動している人が少ないイメージですが、アメリカでは超絶人気ですもんね。
グローブなどもいろんな種類があって、スポーツには興味がないのについつい見ちゃいました。

 

DVDやBlu-rayコーナーと雑誌コーナーもありましたが、アメコミなんかもありました。
もちろん日本語雑誌なんてありませんから、ファッション雑誌も海外のものばっかりでした!

見慣れないものをたくさん見ておいて損はないですよー( *´艸`)

キャンプハンセンフェスティバル会場の様子です!ライブは盛り上がる!

ショッピングを楽しんだ後にフェスの会場に足を運ぶとゲートで再度ID確認&手荷物検査があります。

何も不審なものを持っていなかったとしても、何度やってもこ瞬間は緊張しますよね(笑)

キャンプハンセンのフェスティバル会場はセルフサービス満載のアメリカンフードの屋台や遊具コーナーが目立ちます。
大きな戦車や戦闘用ミサイルを積んだヘリコプターなどの軍用機の展示は無いんですよー(;´・ω・)
他の米軍車両の展示はされていて運転席も見放題です。

やっぱり普通のマニュアル車とは全然違うんですねー(゚∀゚)
未だにマニュアル車を運転してるので、少しギアとかに興味津々でした。

大きなライブステージもあって、海外からのアーティストや地元の小学校の子供たちのダンスパフォーマンスが開催されていました。
特に海外アーティストのパフォーマンスでは米軍関係者の人たちがステージ前に押しかけてましたよー。

キャンプハンセンフェスティバル2019年のゲストは?

無料ライブの開始は20時からですごい人数の人だかりができていてお客さんのテンションもマックスでした!

今年の有名な歌手はFlo Rideさんという方が来ていました。外国の歌手はあまり詳しくないんですが歌もすごくうまくて最高のライブを味わうことができました!これが無料だなんて申し訳なく感じちゃいますね!

ハンセンのフェスは珍しい屋台がたくさん!

フェスティバル会場で珍しい出店もたくさん出店されています。先程のEXCHANGEにあるフードコートで食事するのもいいですが、屋台の方がお祭り感が味わえるので私は好きです\(^o^)/

私はこんなカラフルなジュースをゲットしました!日本のお祭りでは見たことないですよね(*^_^*)肝心のお味はというと、うーん、アメリカンって感じのかなり甘めな飲みのもですね(^_^;)見た目の可愛さは最高なのでインスタ映えには持ってこいです!!

他にも食べ物だけではなくて、お子様が自由に遊べる遊具やゲームコーナーなんかもありましたよ!日差しがすごいので日傘や帽子があると重宝します!

キャンプハンセンフェスティバルは延期する場合がある!

キャンプハンセン・フェスがあるのは毎年必ず9月に行われます。9月といえば台風の時期にもなりますので、悪天候になると延期になってしまいます。

フェスの会場は屋外なのでしかたがないですね。2018年はちょうど台風が来てしまい延期になりました。多少の雨程度であれば開催されることもあるので、悪天候の場合は行く前確認してからの方が良いですね!

キャンプ・ハンセンでフェスティバルの公式ホームページはこちら

キャンプハンセンって返還になるの?

2013年に行われたキャンプ・ハンセンの一部返還ですが、日本政府が返還の延長を求めていました。

ハンセンの土地は急斜面で再利用が難しくもしかすると不発弾も残っている可能性がゼロでは無いからです。また土地の返還とともに借地料収入がゼロになるので経済的に厳しいという意見だったみたいですね(^_^;)

でも日本政府が自分たちから返還を求めていたわけですから、お金がもらえないのは困るというのはただのワガママになりますよね(^_^;)

スポンサーリンク
おすすめの記事