移住前のリサーチは超重要!
スポンサーリンク

基地内や基地の近くで行われる米軍関係者が出店しているフリーマーケット。
毎月どこかの基地でタイミングをずらして行われています。

 

出店されているものも洋服メインですが意外と掘り出し物が多いですよ。
今回はそれぞれのフリーマーケットがいつあるのか、注意点などについて紹介していきます。

スポンサーリンク

キャンプフォスターフリーマーケット!開催されるかはfacebookで確認

沖縄にある米軍基地の関係者たちが任務を終えてアメリカに帰還するときに不要になったものを出品したりするそうで、いつも出店している品物は多いです。
時期をずらして毎週土日にフリーマーケットが開催されるように調整されてます。

沖縄本島中部のキャンプフォスターでは毎月第1週と第3週の土日に開催されています。
天候や基地の事情によって突然中止になることもあるのでfacebookなどで開催情報を確認してからいきましょうね(*_*;

北谷町の58号線沿いで開催されますが、開催場所にFREE MARKETの看板が立てられていたら開催されています。
万が一、開催予定の日なのに看板がでていない場合は、中止の旨のお知らせがでているので確認しましょう。

キャンプフォスターでのフリーマーケットは身分証の提示は必要ありませんでしたが、キャンプフェスティバルのときは提示が必要だったので念のために顔写真付き身分証は準備しておきましょう。

キャンプコートニーフリーマーケットはお昼12時から!

沖縄県北谷町北谷にあるキャンプコートニーは毎月第2週と第4週の土日に開催されています。

うるま市天願の北側に位置していて、入り口はうるま市役所から北へ2kmほど進んだところにあります。
入り口付近には看板があって、フリーマーケットが開催されているかどうかは分かりやすくなっています。

注意してほしいのがフリーマーケットが行われている時間帯がキャンプコートニーのみお昼から開催されていること。
他のフリーマーケットは早朝から開催されていることが多いんですが、キャンプコートニーでは12:00〜15:00というお昼の時間に開催されています。

キャンプコートニーでは顔写真付きの身分証の提示が必要になるので、同乗者の人も運転手の人も大人の方は準備をお願いします。
キャンプコートニーは風が強いことが多いので、寒い時期の開催は上着を持っていくようにしましょう。

スポンサーリンク

キャンプキンザーフリーマーケットはハンバーガーを食べよ!

キャンプキンザーのフリーマーケットは沖縄県うるま市昆布にあり、浦添市の58号線沿いに位置しています。
那覇空港から車で約20分の場所にあって県外の人が一番寄りやすいフリーマーケットです。

キャンプキンザーのフリーマーケットは開催時間7:00〜10:00の早朝の3時間。
7時前からも車の行列ができているので、少し早めにいきましょう。
身分証の提示も必要ないようですが、開場してからの車の進みは遅いです。
トイレなどは出発前に済ませておきましょう。

キャンプキンザーではハンバーガーの屋台やアメリカのお菓子の販売も人気です。
特に大きなバンズとパテとチーズが挟まった分厚いハンバーガーが大人気なので9時半頃には売り切れています。

フリーマーケットの出店を見る前に、朝食代わりに飲食店のほうを見てみると良いかもしれません。

キャンプシールズ知花フリーマーケットは人が少なくておすすめ

沖縄市の北西部に位置するキャンプシールズのフリーマーケットは米軍の保養地扱いになっている知花ゴルフ場の駐車場で開催されます。
毎月第1週と第3週の土曜日と日曜日に開催されていますが早朝7:00〜10:00まで出店されています。

ゴルフコースということで山の中にあり、少し道が分かりづらいです。
住所も沖縄県沖縄市白川と入力したうえで、知花ゴルフコースを目指して運転すると分かりやすいです。

知花ゴルフコースの中にある軽食を食べられるところでは、アメリカンなハンバーガーやピザを利用できるのでこちらも朝食抜きで訪れた方が良いです。
知花ゴルフコースは山の中ということもあり、地元の方も観光客もあまり参加しないので、人が多いのは苦手・・・・。という方におすすすめできる場所です。

ゴルフ場だけでなく、無料のドッグランもありますのでペットを連れて早朝の散歩を楽しむのも良いですよ!

米軍基地のフリーマケットについて

米軍基地で開催されるフリーマーケットはキャンプフェスティバルや基地内で開催されるイベントの時よりもチェックが緩いです。
紹介してきたとおり身分証の提示が必要なかったり、荷物チェックやボディチェックをされることはありません。


出店しているのは米軍関係者のみなのでアメリカの方ばっかりですが支払いは円で大丈夫です。
日本語は通じませんが、身振り手振りや簡単な言葉なら通じてました(*‘∀‘)

中にはボディランゲージで頑張って値切りしていた方もいたので、ちょっと値段を低くしてもらうように頼むのもありかもしれません。

スポンサーリンク
おすすめの記事