ゆがふいんおきなわは子連れの観光に便利?プールもないけど良い!

リゾートホテルらしくない【ゆがふいんおきなわ】ですが、宿泊してみると沖縄中部~北部の観光にうってつけでした。
値段も安めで近隣にイオンがあるので緊急の買い物があってもなんとかなりました!

 

今回はゆがふいんおきなわに家族で宿泊したときのことを紹介していきます。

ゆがふいんおきなわの評判や口コミは?

ホテルゆがふいんおきなわは、ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワの姉妹ホテルになります。
マハイナウェルネスリゾートは美ら海水族館の近くですが、ゆがふいんおきなわは名護パイナップルパークの近くになります。

 

名護市にあるので沖縄のビールとして有名なオリオンビールの工場(オリオンハッピーパーク)が車で10分ほどと、かなり近いんです。
オリオンハッピーパークではビールの出来る過程を見学したり、できたてビールが試飲できたりしますよ~( *´艸`)

 

子供たちやドライバーの人はソフトドリンクを飲むことになりますが、子供たちは工場見学にワクワクしてたので結果オーライでした!
オリオンハッピーパークの情報はこちらからどうぞ。
https://www.orionbeer.co.jp/brewerytour/

話しがそれましたが、ゆがふいん沖縄にはプールや大浴場がありません。
リゾートホテルというよりも、お部屋が広いビジネスホテルのイメージが良いかもしれません。

実際にゆがふいん沖縄に宿泊した人のブログも、シンプルな感じがと書かれてましたしね~。

名護市営球場の近くでオーシャンビューな割にリーズナブルなお値段で利用することができるのはお得ですよね~。
お部屋の中にはミニキッチンもありますし、お風呂とトイレも別のお部屋もありました。

 

私は風呂トイレ別のお部屋でゆっくりしましたよ。

 

キッチンもありますし、なんとなくコンドミニアムっぽい作りになってるのも値段が安い理由ですね。
ただしアメニティは最低限です。
ビジネスホテルくらいには揃ってるんですが、リゾートホテルのように大手メーカーの商品というわけではないので注意しましょう。

 

荷物はチェックインからチェックアウトまで全て自分達で運ぶようになっています。
台車も貸してもらえないので、大きな荷物になるようでしたら先に宅急便で送ってしまうのもアリだと思います。

 

子供が小さいならおすすめのホテル!?

私が利用したお部屋は、なかなかお風呂が広かったしキレイだったんですよね~。
ゆがふいん沖縄には大浴場がないので、お風呂でゆっくりできるのは子連れとしてはありがたいです。

 

口コミでは「思ってたよりもお風呂場がせまい」という意見もあったので、大浴場もないのにな~とちょっと残念だったんですけど逆にゆっくりできました。

旅行に行ったら足がパンパンにむくむので、一日の終わりにゆっくりマッサージをしないと痛くて寝れないんですよね・・・(;´д`)

 

子供たちも、しっかり洗うことができて汗をさっぱり流してからベッドで遊んでました。

あがり館の方に宿泊するべし

本館とあがり館という2種類の建物があります。
おすすめは、あがり館と呼ばれる新館の方ですね。

 

新しくできたばかりですし、あがり館の裏手には飲食店もあるので徒歩で地元料理を食べにいくことができますよ。

あがり館のクローゼットは、とにかく広かったので持ってきたスーツケースはクローゼットの中に入れっぱなしでした。

スポンサーリンク

ゆがふいん沖縄の朝食は量より質

ゆがふいん沖縄の朝食は、あがり館の2階のレストランで営業時間は7時~10時の間に開催されます。
本館に宿泊している人も、あがり館にきてもらって食べることになるんです(*‘∀‘)

 

テラス席があって海に面しているので眺めはすごく良いです。
ただ冬場や台風接近中の寒かったり風が強かったりするときは、テラス席は注意しましょうね!

朝食メニューは目玉焼き職人がいる!

朝食はTHE☆ホテルという感じで、洋食ブッフェになります。
安いホテルだと普通の和洋食しかメニューにおいてなかったりするんですけど、ゆがふいん沖縄では沖縄料理や野菜のしゃぶしゃぶもあったんです。

 

せっかく旅行にきたのであれば、地元料理をめいっぱい楽しみたくないですか?

野菜しゃぶしゃぶも、地元名護でとれた野菜はもちろん沖縄県内でとれた野菜を使用していました。
沖縄の気候は亜熱帯なので、本州とは違う島野菜と呼ばれる不思議植物が多いんですよ~。

 

小さいながらライブキッチンもあって、目玉焼きを作ってくれてました。
他のホテルではオムレツを作ってくれるんですけど、目玉焼きオンリーでしたね。

 

しかもコックさんが、かなり無口なんです。
目玉焼きなので食べ方もなにもないんですけど、黙々と目玉焼きを作るだけで頑固おやじ!って感じの雰囲気でした(失礼!!)

 

一見、不愛想にもみえるんですけど、職人さんだなという印象になった理由が、目玉焼きの種類です。
ホテルの指導かもしれませんけど、目玉焼きに固焼きと半熟、それぞれ種類を作ってくれてたんですよ!!Σ(゚Д゚)

 

普通目玉焼きって、何種類も作らないじゃないですか。
それをどの固さの好みの人が来ても良いように作ってくれてるんです。

 

我が家は半熟派も固焼き派もいるので、この配慮はめっちゃ嬉しかったです(。-`ω-)

朝食メニューはパンが南国風!?

沖縄料理もあると紹介しましたが、美味しかったのは、ゴーヤの漬物です。
ゴーヤチャンプルーはよく見かけますし、家でも作るじゃないですか。

 

お漬物は噛むと苦みがじんわり出てくるんですけど、青臭さは和らいでましたね。

洋食コーナーにはパイナップルのロールパンがあって給食のパインパンが懐かしくなりました(笑)
お部屋へ持ち帰ることができるコーヒーもあるので、お部屋で食後の一杯を楽しんでから観光に出発しました。

 

料理の種類は少ないんですけど、どの料理も美味しかったです。
量より質って感じの朝食ブッフェは朝から大満足できました!

スポンサーリンク

ゆがふいん沖縄のランチと中華バイキングはどっちが良い?

あがり館のレストランでは、ランチやディナーのブッフェも行われます。
ランチバイキングでは沖縄料理をメインとして和食海鮮ブッフェ。
ディナーのバイキングは朝食とランチと違って中華バイキングになります。

 

ディナーバイキングの中華料理がめっちゃ美味しくて安かったのでコスパ最高でした(∩´∀`)∩

営業時間

ランチバイキング
【営業時間】 11:30~14:00
【料金】 大人1,400円
小人(6~12歳)900円
幼児(4~5歳)463円

中華ディナーバイキング
【営業時間】 18:00~21:00
【料金】 大人2,500円
小人(6~12歳)1,500円
幼児(4~5歳)500円

中華バイキングはどうだった?

朝食とランチブッフェは自分から料理を取りにいくスタイルなんですけど、ディナーはオーダーをして料理をもってきてもらう中華オーダーバイキング形式です。

出来立てホカホカが食べられるのは嬉しいんですけど、混雑しているとできるまでに時間がかかるのが難点ですね(;・∀・)

 

春巻きなどの包む系の料理は一人前、一個ずつなので良いんですけど、意外とチャーハンやスープといった分量系のメニューは思っているよりも大きいので満腹度合いと相談してくださいね~。

 

中国人スタッフさんもいるので、丁寧に食べ方を教えてくれます。
日本語もお上手でフレンドリーな方ばかりだったので、食べ方や料理がわからないときは声をかけてみましょう。

ドリンクは別料金なので注意!

ドリンクを頼むと別料金になります。
御料理のメニューは50種類くらいあって、やっぱり春巻き最強です(*ノωノ)

時間がかかりそうな料理は先に頼んでしまうと、待ち時間がすくないのでおすすめです。

ゆがふいん沖縄はプールも大浴場もないってホント!?

ゆがふいん沖縄には、残念ながら大浴場やプールがありません。
子供たちが泳ぎたい!といえば、近くには21世紀の森ビーチもあるので行ってみてください。

 

大浴場もガーデンプールも姉妹ホテルであるホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワにあるので絶対にリゾート感を味わいたーい!という人は、少し料金が高くなりますがそちらもありかと思います。

 

大浴場だけ利用したいのであれば、ゆがふいん沖縄BISEの利用がおすすめです。
ゆがふいん沖縄BISEに宿泊すると、ホテルマハイナの大浴場を営業時間である16時~23時までで利用が可能です。

 

ちなみにマハイナリゾートのガーデンプールの利用期間は4月~10月になります。

ゆがふいん沖縄の周辺観光に行ってみた!

ゆがふいん沖縄は中部を拠点とした沖縄観光に最適です。
その中でも私が子供たちといって楽しかった周辺観光情報を紹介しておきます(`・ω・´)ゞ

美ら海水族館でホオジロザメ!?

ホテルから車で30分ほどの位置にあるご存知の美ら海水族館。
実は3日間だけなんですけど、読谷村の定置網にひっかかったホオジロザメも展示されたことがあるんです。

見に行きたかったーー!!

ジンベエザメとマンタが泳ぐ大水槽は迫力もありますけど、神秘的な光景です。
人も多いので見づらい事もあるんですけど、朝一番にいくとゆっくり見ることができますよ~。

瀬底島やフクギ並木でパワーチャージ!

海がとにかくきれいで、エメラルドビーチで遊べますしフクギ並木という天然の防護林はパワースポットとしても有名です。
レンタルサイクルもあるので家族でサイクリングもおすすめです。

瀬底島:車で20分
フクギ並木:車で30分

21世紀の森ビーチは夕方の散歩にでかけよう

ホテル隣にあるビーチです。
名護市営球場の近くにある波が穏やかなビーチになります。

泳ぐのももちろんおススメなんですけど、私は夕方からのお散歩が一番好きです。
夕日が沈んでいく景色が見れるので、沖縄のサンセットビーチを見たいならぜひ行ってみてください。

ネオパーク沖縄ではもふもふ天国!?

一言でいうと動物園です(笑)
入口を入るとすぐに、熱帯の鳥たちがお出迎えしてくれました。
餌やりはその都度、有料ですけど動物好きにはたまらない施設です(n*´ω`*n)

 

放逐・・・げふん!(;^ω^)

のびのび飼育されているので、園内を歩きながら動物観察ができます。
ただし傘があると良いですね。

鳥の糞が落ちてくることもあるので気を付けて下さい(゚Д゚;)

小動物とのふれあいコーナーもたくさんの種類がいたので、楽しかったです。

わんちゃん、ウサギ、モルモット、カピバラなどなど。
いろんな動物にエサやりができます。

カピバラは手のひらの上にのせてあげるんですけど、意外と歯があたって痛いので、まずは大人がしてみてくださいね。

ホテルからは車で8分です。

ゆがふいん沖縄のアクセス情報

ホテルゆがふいん沖縄のアクセス情報をまとめておきます。

住所:〒905-0011 沖縄県名護市字宮里453−1
電話:0980-53-0031
公式HP:https://www.yugaf.com/

那覇空港からのアクセスはレンタカーで80分。
高速バスだと約2時間になります。

地図はこちら。

スポンサーリンク
おすすめの記事