住む場所を決める基準、自分が求めるものを確認する

 

今、住んでいる場所から離れ「いざ沖縄に移住しよう!」と決めたはいいけど実際に引っ越すとなるとどこに住んだらいいのか?迷いますよね?

 

県外からの引っ越しだと土地勘も全然無いし、友人もいない場合困った時に相談することもできません。

 

ある程度のトラブル等は自分で解決していかなければいけないのです。

 

沖縄といえども、本島なのか、離島なのかでもその暮らしは全然変わってきますし、本島だとしても場所によって栄えている所と、自然に溢れた場所とその生活は全然違います。

 

自分自身が沖縄に来てどのような生活をしていきたいのか?というので、住む場所を決めて行くのがいいかと思います。

 

スポンサーリンク

私達が候補にあげたのが2つ

 

引っ越す時に物件探しをしていて、候補となったのが南城市かうるま市です。

 

うるま市は、沖縄県の地図でいうと丁度真ん中あたりに位置する場所です。

 

位置的に空港へのアクセスだったり、美ら海水族館などにも行きやすい場所なんじゃないかと思います。

 

また、うるま市は開発された街なので、大きなイオンやドン・キホーテ、カインズホーム、飲食店、ヤマダ電機などお店がめちゃくちゃあります!

 

無いものは無いんじゃないでしょうかね?(^o^)

 

それに、道路がめちゃくちゃ広いので車の運転に自身の無い人でも安心できると思います。

 

このあたりの交通手段はほぼほぼ車での移動になるので、うれしいポイントですよね!

 

ペーパードライバーの私でさえ、なんなく運転することができました!

 

また、うるま市は住宅はほとんど高台にあって、景色がめちゃくちゃいいんです!(*^_^*)

 

高台から海と街が見下ろせるようになっているので、部屋からの眺めがほんとに絵みたいですよ♪

 

暮らしに必要なものはなんでもアリすぎるくらいの開発都市だと思うので、これからどんどん発展していくと思います。

 

不便のない暮らしをしたい人にはおすすめです!

スポンサーリンク

そもそも移住をするに至った経緯

 

私たち夫婦が沖縄に引っ越す最大の目的は、「人混みが嫌だ」ということです。

 

池袋に住んでいた頃は、普通に道をまともに歩くことさえできませんでした。

 

前を向いて人を避けながら歩くんです。よそ見なんてしていたらたちまちぶつかってしまいます。

 

もし、ぶつかってしまった相手が怖い人だった場合、怒りを買ってしまうかもしれませんので本当に注意しなくてはいけません!(そんな人は滅多にいませんが(^_^;))

 

自転車はまず乗れないと考えた方がいいです。

 

歩行者が多すぎて、自転車で進めないんですよ(^_^;)

 

だからといって道路を走ろうとしても交通量も多いですし、路駐してる車もすごく多いのでいつ引っ掛けられてもおかしくありません。

 

私の友人は自転車に乗っていて、車にはねられ死んでもおかしくないくらいの事故にあっています。前歯は折れるし自転車は大破するしであれは悲惨でしたね(^_^;)

 

エスカレーターに乗るにも長蛇の列に並んで順番待ちをするんです。

 

当時はそれが当たり前でしたが今考えるとただエスカレーターに乗るというだけで、長蛇の列に並ぶなんて異常ですよね(^_^;)

 

本当に最悪なのは朝、夕の満員電車です。

 

ただでさえ朝から低血圧で気分が悪いのに、オジサン達の匂いが充満したあの箱にすし詰めになるんです。

 

ひどい時は朝からチカンに会います。

 

「このチカンを電車の外に追い出して、駅員に突き出してやろうか?」と考えますが、その電車を降りた瞬間、私が会社に遅刻する事が確定します。

 

会社に遅刻の原因を報告する際に「チカンを捕まえてました。」なんて言いたくないので、仕方がなしに車両を変えたり、ヨロケたふりをして足を思いっきり踏んだり、肘打ちを食らわせたりして撃退していました。(^_^;)

 

後は、騒音ですね。

 

家の周りに飲食店が密集しているので、深夜まで若者が大騒ぎしていたり、酔っ払った人が大声で騒いでいたりします。

 

また、小さな事件が本当に多いので警察のパトカーがいつも出動していてその度にサイレン、アナウンスが鳴り響くんです。

 

そんな飲食店がある場所だからダメなんだと思いますよね?

 

それが、お店の無い住宅地を選んで住んだとしても、人口が多く住宅が密集してしまっているのでご近所さん同士の生活音が丸聞こえだったり、子供達が遊ぶ所が無いので家の前でボール遊びをして騒いだりと結局平穏な日々は無かったですね(-_-;)

 

あの頃はせっかくの休日も、寝ているとよく窓ガラスにサッカーボールをぶつけられて物凄い音で叩き起こされてたな~(笑)(^_^;)

 

結局決めたのは南城市

 

便利なうるま市も良かったんですが、自宅で仕事をしている私達夫婦は、そんなに外に出かけたりしないのでは?という結論になりました。

 

生活するのに最低限のガストとスーパーと薬局があれば、十分だと思ったんです。

 

何よりも人が少なくて静かに暮らせることが重要でした。

 

南城市は、沖縄県でいうと南部にあたり割と下の方にあたる場所です。

 

那覇市に比べると田舎で大きなショッピングモールなどは1つもありません。

 

ただ、空港や那覇市までは車で30分ほどの距離だからアクセスはすごくいいですね。

 

それに、なんと言ってもすごく静かです。聞こえてくるのは波の音だけです。

 

池袋にいた頃あんなに不眠症で悩んでいたのが嘘のようで、気がつけば毎日ぐっすり眠れます。

 

それに、車で少し行けば温泉や高台のカフェなどがたくさんありますよ。

 

人混みがうんざりで、毎日静かに平穏に暮らしたい!という人はおすすめの町だと思います。(*^_^*)

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

実際に住む場所を決めるとなると、仕事場から近くなくてはいけません。

 

毎日通勤に何時間もかけてはいられないので、まずは先に職場をどこにするのか?で決めた方がいいです。

 

そこから通勤出来る距離を割り出して、自分の好きな場所を決めていくという感じになるかと思います(*^_^*)

 

南城市の場合は、住むのに不便はありませんが仕事はあまり無いかもしれません。

 

銀行、病院、車の整備、飲食店、スーパー、ホテルといった職はあるので、その他の職に就きたいと考える場合は那覇市の近くがおすすめです。

スポンサーリンク
おすすめの記事