移住前のリサーチは超重要!
スポンサーリンク

パワースポットや幸福になれると噂の備瀬にいってきました。
フクギ並木はもちろん、立ち入り禁止になっているワルミも覗いてきましたので現状を紹介します。

スポンサーリンク

備瀬のフクギ並木は幸せを呼ぶ

備瀬のフクギ並木は推定樹齢300年の木たちが住民を台風からまもる防風林です。
フクギは【福木】と書くので幸福の木、幸せを呼ぶ木とされているんです!

フクギ並木では水牛車に乗ってゆったりできます。
事前予約は断られたうえ、昼からしか営業していないので注意しましょう。


午前中についてしまいましたが、レンタサイクルが近くにあり1時間300円なので、レンタサイクルで海岸沿いやカフェ巡りをするのも楽しかったです。

もちろん水牛車にものりましたが、やっぱり水牛車って珍しいのか観光客の方たちからめっちゃ見られました(;・∀・)
目線がたってる人ともろ被りするので、ちょっと恥ずかしかったです。

水牛をひいているおじさんが、マイペースに島唄を歌いながら誘導してくれます。
うちな~時間ってこういうことかな?とゆっくりさせてもらいました。

備瀬のワルミは子宝にも効くフォトウエディングスポット

本部町にあるパワースポットで行きたかったのが備瀬のワルミ!
ビーチもきれいで、写真映えがすっごく良くてフォトウエディングスポットとしても紹介されてた子宝パワースポットなんですよ~。
ただね、観光客のマナーの悪さで立ち入り禁止になっちゃったみたいなんです( ;∀;)

マナーが改善されない限り、通行止めは外さないって新聞に書いてあったので、フクギ並木から徒歩で試しにいってみたらやっぱり通行禁止でした/(^o^)\

ゴミの不法投棄や観光客の殺到で住民の許可なしに付近の道路が通行止めになっていたとか・・・。
そりゃ怒って当然だな~と残念だけど思いました。

立ち入り禁止になる前は、中国や韓国などの海外の観光客もたくさんきていたそうで、かなり騒がしい雰囲気だったみたいです。
フォトウエディングスポットということは若めの年齢層も多かったからうるさかったんですかね?(;´・ω・)

スポンサーリンク

備瀬マリンレジャーにはなんでもあり!

備瀬マリンレジャーではマリンアクティビティがたくさんで、どれにしようか迷いました(;・∀・)

シュノーケリングは他のダイビングショップでもあるので、クリヤカヤックとグラスボートを楽しんできました。


スタンドアップ・パドルボードはバランス感覚が壊滅的な私には難易度が高いかと思って遠慮しました( ;´Д`)

クリヤカヤックはシーカヤックの船体を透明にしたもので、海が丸見え!
海中を泳いでいる魚たちが見えますが、船をこぐのに必死で最初はあんまり海を見る余裕がなかったです”笑

グラスボートは海中を見ることができる船なので水着なし、赤ちゃんOK、海に入らずに楽しめるんです(∩´∀`)∩

乗船中のガイドさんが珊瑚や魚の情報や豆知識も教えてくれたりして、感じが良かったですし、なんと!
カメさんが偶然みれたんです!!
野生の亀って偶然遭遇するとテンション上がりますよね(*´▽`*)

備瀬崎は子供連れにおすすめ

備瀬崎はイノー(礁地)と呼ばれるサンゴがたくさんあってシュノーケリングに適したビーチです。


ただし行くのは干潮時にしましょう。

備瀬崎の対岸に小さな島が見えるんですが、干潮時にはそこに潮だまりができて子供連れでも安心して遊べるシュノーケリングスポットになるんです。

干潮時以外は潮の流れが早くて深さもあるので、泳がないようにしましょう。

備瀬崎ビーチと呼ばれてますが、砂浜のような部分は少なく岩場がごつごつしているので泳ぐときはマリンシューズとラッシュガードなどで防備して泳いでください!

子供連れにもおすすめではりますが、岩場に気をつけながら遊んでくださいね(*^^*)

備瀬崎ビーチの情報は知っておこう

備瀬崎ビーチで遊ぶときは干潮時間を気にしてください。
行けばわかりますが、本当に小島との間の潮流れがすごいです。
あっという間に潮も満ちていくので気を付けて下さい。

潮さえ引いてしまえばかなりきれいですし、きれいなブルーの熱帯魚をシュノーケリングしなくても海面から見ることができます。

監視員は不在でクラゲよけのネットなどもありませんが、ライフジャケットやシュノーケルグッズは近くにレンタルするとこがあって、そこでシャワーもあびれます!

駐車場は有料で500円ほどかかりますが、停めれる台数が少な目なので人が多いシーズンのときは満車になっている可能性が高いです。

備瀬崎ビーチはレンタサイクルを借りて身軽に訪れてシュノーケリンググッズを借りた方がベストです(`・ω・´)ゞ

スポンサーリンク
おすすめの記事