沖縄の気候に合わせた植物や動物と触れ合える施設がビオスの丘です。
ビオスの丘の楽しみ方やお得なクーポン情報を調べつくしたので紹介していきます。

 

沖縄は海だけじゃなくて山も面白い事がたくさんありましたよー!

bios(ビオス)の丘までの所要時間

ビオスの丘は沖縄中部のうるま市にあるんです。
位置的には、なんとなく真栄田岬と近いような気もしますが、山の中にあるので車で行くのが最適です。

 

ビオスの丘は植物や水牛がひいてくれる車に牛車にのったり、湖があったりします。
こんだけ色々ある動植物園なので、それなりに面積がいると山の中にあるのも分かりますよね~。

那覇空港からは1時間かかる

那覇空港から高速利用で約1時間ほどで到着します。
石川インターチェンジを降りると山の中にずんずん進んでいくことになります。

 

もちろん国道58号線を海沿いに走ってきても楽しいんですけど、高速道路を利用したほうが道がわかりやすかったんですよね~(;・∀・)

恩納村からは15分くらいで到着

万座毛やリゾートホテル、観光客狙いの飲食店がある恩納村南端エリアから車で10~15分程度で到着出来ます。

沖縄に飛行機で到着してから、すぐにビオスの丘に向かうのも良いですけど、ビオスの丘って意外と楽しくて時間があっという間にすぎていくので、宿泊した2日目にゆっくり時間をとっても良いんですよ~。

スポンサーリンク

ビオスの丘の入園料やクーポン・割引情報

ビオスの丘には入園料がもちろんかかりますが、入園料とは別にアトラクション代がかかります。
湖でカヌーに乗るのももちろんですが、水牛者、餌やり、園内の食事処などなど。

 

細々した料金がかかってくるので、少しでも安くできる方法を紹介しますね!

入園料はセット料金かつクーポン利用が一番お得!

ビオスの丘のチケットに2種類あります。

単に入園するためのチケットと、ビオスの丘の2つのメインアトラクションのうちの一つ。
湖水鑑賞船のチケットがセットになっているものです。

湖水鑑賞船なんて必要ないわぁ(゚∀゚)と馬鹿にしてると、絶対に後悔する!っていうくらい楽しかったんですよ。
どうせ乗るんだったら、チケットも安く手に入れた方が嬉しくないですか?

割引なしの料金
入園料のみ
大人:1000円  子供(4歳~小学生):500円入園+乗船セット
大人:1700円  子供(4歳~小学生):900円

このチケットが実はトクトククーポンやアソビューといった、割引サイトにお得なチケットがあるんです。

 

スマホでアソビューに会員登録できる人は、アソビューでチケットを購入できます。
アソビューは登録しておけば、全国どこでも遊びの割引チケットが検索・予約できるのでおすすめです。
https://www.asoview.com/item/ticket/ticket0000002726/

 

個人情報を登録したくない!登録するのは面倒くさい・・・スマホ持ってないし。という人はトクトククーポンをおすすめします。
トクトククーポンはクーポン画面を見せる・クーポン画面を印刷したものを見せると割引可能になっています。
https://tokutoku-coupon.jp/okinawa/14440/

 

どちらも割引可能なのは湖水鑑賞船のセットプランのみです。

大人:1530円 子供(810円)の割引になります。

スポンサーリンク

ゲートをくぐるとお花のトンネル、ヤギのお散歩、水牛車なんでもあり!

ビオスの丘は亜熱帯の自然で心を育む自然体験というテーマがあるので、ジャングルというか本州や九州ではなかなか見られない植物が普通に生息してましたよー。

ジャングルっぽい植物や水牛といった動物との触れ合いで目一杯自然を体験できるのがビオスの丘の醍醐味です。

入り口から短い渡り廊下にたくさんの草花

入口を抜けるとすぐに渡り廊下があります。
渡り廊下にも、紫や白の色をした蘭がたくさんありました。

蘭がいろんなところに咲いていてきれいなんですが、木登りするトカゲやきれいな模様の長もいました。

 

虫が苦手な人はびっくりするくらい驚きますので、気をつけましょう。

中にはチョコレートの香りがする花なんてあって、嗅いでみたんですけどぶっちゃけイマイチ分かりませんでした(笑)
普通にお花の匂いだった気がするんですよね~。

ふれあい動物ゾーンではヤギの散歩!

私が大好きな動物とのふれあいゾーンにはヤギや水牛だけだと思ってたんですけど、アグー豚や羊もいました。
鶏もいたんですけど、小さな頃に追いかけまわされて突っつかれた記憶があるので怖くて近寄れませんでした( ;∀;)

餌やり体験は動物園でも見かける100円くらいの餌を購入して自由にできます。

 

ビオスの丘で初めて体験したんですけど、子ヤギの散歩を無料でできるようになってます。
ハーネスのようなものをつけられた子ヤギが待機してるんですけど、こちらも自由に散歩させて大丈夫なんです。

 

ただし!この子ヤギ、見た目めちゃめちゃ可愛いんですけど力がけっこう強いので引っ張られます。
子供だけだと絶対に転んじゃうので気を付けて下さいねー!

スタンプラリーや人造湖でアクティビティを楽しもう!

植物や動物と触れ合ったら、今度は体を目一杯動かして遊んでみるのはどうでしょう?

スタンプラリーが意外と楽しかったんです。
無料で参加できるんですけど、7つのスタンプを集めるとプレゼントがもらえるんです。

7つのスタンプってなんかドラゴンボールみたいですね(*´з`)

スタンプラリーは楽しいんですけど、けっこうがっつり歩きます。
スタンプが設置されている場所も、こっちであってるのかな?と思うような場所もあるので、体力と相談して参加するようにしてください。

湖ではいろんなアクティビティが楽しめる!

ビオスの丘の中には人工的に作られた湖があります。
その中でチケットのセットになっている湖水鑑賞舟に乗ることが出来ます。

 

湖水鑑賞はただ眺めるだけじゃなくて、スタッフのお兄さんがいろんな説明をしてくれるんです。
テーマパークのように決められたものじゃなくて、リアルな【今】を伝えてくれるんです。

いま向こう岸に咲いてる花の種類とか、こんな虫が発生してて困る~とかちょっとした話しなんですけど気さくな雰囲気でした(*'ω'*)

 

湖水鑑賞以外にもカヌーに乗ることもできるんですが、少し料金が高い気がしてカヌーには乗りませんでした。
カヌー体験は湖の中をひっそり移動することができて気持ちよさそうではあるんですけどね~。

ビオスの丘のイベント情報はホームページでチェック

ビオスの丘では時期によっていろんなイベントが開催されているのもポイントです。
いろんなイベントがかわるがわる行われているので、何度も行って楽しみたいですよね。

いまどんなイベントが開催されているかは、公式HPより確認ができるので覗いてみてください。
https://www.bios-hill.co.jp/event/

春にはいちご摘み体験ができるので、子供たちはかなり喜びますよー。
お腹いっぱい食べちゃいましょうね!

 

一番おすすめなのは、夏に行われるナイトツアーです。
事前予約が必要になりますが、営業時間が終わった後に園内を案内してもらえるんです。

 

ただ園内を見るだけじゃなくて、実はビオスの丘・・・蛍を見ることができるんですよー!(∩´∀`)∩
蛍なんて大人でも見たことない人がほとんどですよね。
けっこうな数がいますし、足元に幼虫もいたりするので踏まないようにするのが大変ですよ(笑)

ビオスの丘の食事はおもろ茶屋に軍配!?

ビオスの丘は園内で過ごす時間が、長くなる傾向です。
園内もかなり広いし、いろいろ遊びたい遊具やイベントが開催されてるので仕方ないんですがお腹はへっちゃうんですよね~。

 

大人は特に体力がつづかなくて休憩したーい!と思っちゃいます(;・∀・)

 

そんな時に利用したいのが園内の食事処です。
ビオスの丘の園内には2箇所の食事処があります。
どちらも沖縄ならではの食べ物が提供されるので疲れたときに一休みがてら行ってみてくださいね。

おもろ茶屋は遊びまわったあとの小休憩

おもろ茶屋は木でできた大きなアスレチックや芝生広場のすぐ近くにある食事処です。
軽食もありますが、沖縄そば定食などもあるのでガッツリ食べたい人も利用できます。

私はおもろ茶屋付近では暑くて疲れただけだったので沖縄ぜんざいと、子供たちのブルーシールアイスで回復をしてました。
利用するとお昼寝用のござを無料で貸し出してくれるので、軽食を食べた後に子供たちとお昼寝しちゃいました。

 

おかげでその後も目一杯あそぶことができたんですよね~(*´▽`*)

営業時間 9:00~17:30
食事オーダー(10:00~17:00)
https://www.bios-hill.co.jp/fun/shop/s03/

東町屋

洋風なメニューをそろえている東町屋では、緑に囲まれたお店になります。
お店の説明にはバーベキューができると書かれてるんですけど、網と炭火で焼くバーベキューじゃないんですよね。
カセットコンロと鉄板で焼くことになるので、焼肉のほうが正しい表現じゃないですかね?(;'∀')

個人的には沖縄らしいメニューを食べれるのはおもろ茶屋の方なのでおもろ茶屋をおすすめします。

営業時間 9:00~17:15
食事オーダー(10:00~17:00)
https://www.bios-hill.co.jp/fun/shop/s02/

ちびっこに人気の理由を考えてみた

ビオスの丘でなんで子供たちが長時間わいわい楽しめたか?疑問なんですよねー。
子供って一個のことに集中しても、すぐに集中力が途切れて注意力が散漫になっちゃいますよね。

 

そんな子供たちは、やりたい事や新しい事を見つけるのが楽しいんじゃないかなぁと思いました。

気軽に動物に触れあえることは、動物園にもあんまりありませんし、植物も亜熱帯の植物ばかりなので独特の形や色ばっかりでした。
しかも亜熱帯の植物ってけっこう毒々しい色のものも多いですよね。

 

大人になってからの毒々しい色の花って怖かったりしますけど、子供の頃って楽しんで触りにいってませんでした?(笑)

 

植物や動物と触れ合う学びのゾーンと、アスレチックやカヌーなどの体を動かすアトラクション。
遊びのバランスが良いのも子供たちが飽きない要因なんでしょうね。

ビオスの丘は雨でも大丈夫!

ビオスの丘は基本的に屋外の施設になるので雨の日は楽しめないかも・・・。と思ってたんですけど、意外とそうでもないんです。
植物たちの雨にうたれた不思議な表情は天気が悪い時にしかみれないんですよ~。

 

あと天気が悪いと虫が少なくなるので、すごく過ごしやすいです(笑)
もちろん屋外なので傘は必須(貸し出しもしている)ですよー。

雨の日でもアトラクションは楽しめる

ビオスの丘のメインアトラクションである、湖水鑑賞は雨の日でもOKなんです。
舟が屋根つきなので、雨に打たれることは無いですし、湖に雨が落ちて波紋が広がるのが面白いですよ。

 

もちろん水牛者も利用ができます。
水牛者で散策できるので、足が泥水まみれになることもないですし、牛車の屋根で雨から守ってもらえるので体が冷えることも少ないです。

無料で散歩できるヤギは屋根の下にいるので探してみてください。

もし雨に打たれてしまって冷えてしまったら茶店にいってみてください。
茶店で暖かなスープがいただけるので温まりましょう。

ビオスの丘のアクセス情報

ビオスの丘のアクセス情報をまとめておきます。

住所:〒904-1114 沖縄県うるま市石川嘉手苅961番地の30
電話:098-965-3400
営業時間:9時~18時
定休日:なし
URL:https://www.bios-hill.co.jp/

地図はこちら

スポンサーリンク
おすすめの記事