ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワはラフなリゾートホテル?

家族で沖縄旅行に行きたいと思っても、リゾートホテルは値段が高すぎていけない!と思ってしまうことありませんか?
ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワは少し安いお値段なのに美ら海水族館にも近い観光にうってつけのホテルなんですよー。

 

姉妹系列のホテルもあるので、いろいろな選択肢ができるのも良いですね。

今回はホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワの体験レポを紹介していきます。

ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワの宿泊体験ブログ!

ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワは美ら海水族館がある海洋博公園の近くにあります。
ホテルから海洋博公園までのシャトルバスが一時間に一本あるので、大混雑する駐車場を利用することもありません。

 

ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワは比較的リーズナブルな値段で沖縄のリゾート旅行ができることで有名です。
口コミには建物が少し古い部分があると書かれていたので少し不安だったんですけど、許容範囲内ですしロビーやプールといった目につきやすい場所はとてもきれいでした。

もちろん拠点となるホテルのお部屋も清潔に保たれてましたよー。

リゾートホテルではあるんですけど、アパートを改造したホテルなのか、お部屋の前の廊下が外に面しているので悪天候や台風のときは雨が降りこんできます。


冬場は普通に寒いです( ;∀;)

アパートの名残なのか、お部屋の中にはキッチンもあるので乳児連れの人は哺乳瓶を洗ったりして便利ですよね~。

コンドミニアムのようなホテルですね。

美ら海水族館の混雑を回避することが可能!

美ら海水族館には距離が近いので歩くことも可能ではあるんですが、徒歩だと20分ほどかかるので遊んだ後の帰路がめちゃめちゃきついです(笑)
車では3分で到着できるので朝一番、営業開始直後に利用することも可能です。

 

もちろん夕方16時以降の割引をしてくれる時間帯からも遊びにいけます。

美ら海水族館は手にスタンプを押してもらえば再入場も可能です。
朝一番で遊びにいって、お昼寝してから再入場するのもホテルが近いからこそできる楽しみ方ですよねー!

 

連休中やGWなどの沖縄旅行シーズンはとにかく駐車場が大渋滞です。
朝一番くらいなら問題ないんですけど、お昼近くになると高速を降りた時点で並んでいることも多いんですよ~。

ホテル近くにはレストランや飲食店も多いので、ランチや夕飯をホテル外で食べてから美ら海水族館に遊びにいくのも楽しそうですね。

子連れにおすすめな理由は?

ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワの口コミや宿泊体験は、家族で利用した人からの意見がとにかく多いんです。

 

小学生低学年くらいまでの子供たちって、旅行となるととにかく大興奮ですよね。
大人なリゾートホテルだと騒がしくて、大丈夫かな?と思っちゃうんですけど、マハイナウェルネスリゾートオキナワでは高級感もほどほどに少ないのでラフな感じでいけるんです。

 

【みんなで渡れば怖くない】じゃないですけど他の子供たちも利用してるなら、うちの子たちも大丈夫かな?なーんておもちゃいますよね。

リゾートホテルらしくガーデンプールも併設されてます。
ホテルの建ち方が珍しくて、コの字型になってるんですけど真ん中の凹み部分にガーデンプールがあるんです。

部屋から見えるプールはきれいですし、遊びにいくのも楽しいんですよ~。

 

大人にはゆっくりできる、お肌に良いミネラルたっぷりの大浴場があります。
ゆっくり長時間の入浴もできやすい、ぬるめの湯温になっているので半身浴をついついしちゃいますよ~。

 

お部屋のアメニティは、ぶっちゃけ最低限くらいです。
化粧水やクレンジングなどもありますけど、有名メーカーとかではないのでお肌が敏感な人は自分の愛用品を持っていくと良いですよ~。

お部屋のタイプが和室と和洋室があるので畳のスペースがあるんですよ。
ベッドのお部屋でも畳部分にお布団をひいて、子供と一緒に寝ることも可能です。

 

我が家はいつも和室に布団なので子供たちが大きなベッドを占領してました(笑)

 

近所に飲食店があると紹介したんですけど、実は近くの居酒屋さんへ送迎してくれることがあるんです。
家族連れだとホテルから離れたレストランに行くのは面倒くさいという人はスタッフさんに聞いてみると意外と良いお店があるかもしれませんよ~。

修学旅行シーズンはお得だけど注意しよう!

ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワは修学旅行生にも利用されています。
私が利用したときも修学旅行生の利用とかぶっちゃったんですよね。
高校の修学旅行が多いのは10月~12月くらいのシーズンなので沖縄への旅行もしやすい時期ではありますしね。

 

高校の修学旅行生だったみたいですけど、なかなかに賑やかでついつい「若いな~」なんて思っちゃいました(;'∀')

 

学生さんだから仕方ないとは思うんですけど、騒ぎすぎな部分も多いんですよね。

お土産を買うための売店なんかでも、ずーっと学生さんたちに占拠されて、他の観光客の人はみれません。
学生さんたちは声も大きいので、けっこうホテルの中に響いてたりするのも嫌でしたね~。

大浴場やレストランといった他のお客さんと一緒になる時間は、ホテル側が考慮してくれてるみたいで修学旅行の一団と会うことはありませんでした。

 

ご飯とお風呂は、むしろ子供たちとの対決でもあるので、ゆっくりとはできないんですけどね~。
大浴場に一人で入浴するときは気持ちよかったですよ( *´艸`)

 

悪いことばかりじゃなくて、修学旅行生が利用している時には【訳アリプラン】として格安プランがでるんです。
けっこうお値引きされるのでお得にすませたいと思うなら案外狙い目ですよね!

スポンサーリンク

ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワを利用できるツアーを比較してみました

ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワの旅行料金をちょっと調べてみました。
今回は例として大人二人、小学生低学年が二人という家族4人の設定で検索検索ぅ!

プランは2泊3日で沖縄旅行に行きたいと思ったときにかかる値段です。

 

高校の修学旅行が多い時期が10月~12月なので真ん中をとって11月頃での旅行にしてみました。
2019年11月2日(土)~11月4日(月・祝日)の2泊3日で調べてみた結果です。

楽天トラベルはホテル単体のプランが多い?

まず真っ先に思いつくのが楽天トラベル。
なんといっても楽天ポイントとして還元してもらえるのは嬉しくないですか!?

 

口コミもたくさん見れますし、プランの中には美ら海水族館のチケット付きのプランもあります。
シーサーを作る沖縄の工芸体験プランなんかもあるので子供たちの思い出には残りそうですね~(*´ω`*)

ホテル宿泊のみであれば、66件のプランがありました。
お部屋のタイプや朝食ありなし、夕食付などいろいろあるので見てみましょう。

https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/14584/14584.html

航空券とレンタカーとセットになったプランを探してみました。
家族全員を合わせた料金になります。

【素泊まり】スタンダードルーム(禁煙)。和室or和洋室
224200円

【素泊まり】スーペリアファミリー(禁煙)。和洋室のみ
225400円

素泊まりといっても、楽天トラベル限定になるんですけど航空券つき予約をすると滞在中、一回だけ朝食がついてくるプランになります。
滞在中は全泊、朝食はつけてほしい!という人であれば、以下のプランになりますね。

 

ただ飲食店はたくさんあるので、近所のお店に食べに出るのも一つの案ですね。

【朝食付き】スタンダードルーム(禁煙)のみ。和室or和洋室
233000円

じゃらんnetは航空券つきが多い?

楽天トラベルでは、航空券やレンタカーのセットプランの方が少なかったんですけど、じゃらんは真反対です。
ホテル宿泊のみのプランの方が少なかったんですよね~。

 

航空券つきになるとお部屋の種類や朝食付きプランなどがずらーっと出てくるので、じゃらんで探すときはレンタカーとセットで検索してみてください。

 

じゃらんでは特に夕食付きのプランが多かったです。
ディナーをホテル内でとってほしいってことですかね?

45日前までの予約で割引ができる格安プランもあるので、早めの予約を検討している準備万端な人はじゃらんがお得になりやすいです。

https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/14584/14584.html

LINEトラベルは旅行会社のプラン一括検索が可能!

LINEトラベルは、その名の通りLINEからも旅行プランが確認できる旅行検索システムです。
スマホのLINEから見るのも良いんですけど、おすすめはパソコンサイトで見る事。

 

パソコンのLINEトラベルの方が表示される情報が多いし、色んなプランを比較するときに見やすいんですよね(*‘∀‘)

 

なんとなく、手軽にプランをみたーい!という人はスマホからのLINEトラベル。
じっくり旅行プラン検討するぞー!と気合入ってる人はパソコンサイトから確認しましょう。

LINEトラベルではJTBやHIS、日本旅行といった20社以上の旅行会社の料金プランを見ることができます。
20社も旅行プランをパンフレットで確認しようとすると、とんでもない作業量になりそうですね・・・(゜_゜)

 

ANAやJALといった航空券と、レンタカーのセット料金を一人当たりの単価で表示してくれます。
私は大人料金がいくら、子供料金がいくら。というところまで把握したかったので、LINEトラベルも使いやすいです。

 

楽天やじゃらんは、検索するときに大人と子供の人数も入力して合計金額がでてきてしまうので、見づらいこともよくあるんですよ~(;'∀')

 

LINEトラベルは色んな旅行会社の料金プランになるので、ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワだけのプランが表示されるわけじゃないんですよねー。

 

例えば以下のようなプランです。

ホテルが選べるツアー

この金額を支払えば、選択できるホテルの中から好きな場所を選ぶことができ、美ら海水族館へのチケットもついています。
レンタカーや航空券のチケットつきで、大人料金は〇〇円、子供料金は〇〇円。

 

楽天やじゃらんは、ホテルを決定してから料金を確認することになるんですけど、LINEトラベルではあくまでも選択肢の一つとして提示されます。
なんとなくホテルを確認したい人にもおすすめです。

それぞれのプランでツアーの特徴やプレゼントされる内容が全く違うので、子供連れの人は【子供料金あり】というタグに注目してみてください。

https://www.travel.co.jp/

スポンサーリンク

朝食、マハイナ塩泉、プールリゾート感もあるけどやっぱり普通!?

ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワには、大浴場やプールももちろんありますよ~。

 

姉妹ホテルになる【ゆがふいんおきなわ】には、プールも大浴場もないんですよね~。
ゆっくりリゾート感を味わいたい、ホテルですごす時間もほしい!という人はホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワの方がおすすめです。

ホテルでよく見かける朝食ブッフェも食べてみたので紹介していきます!

朝食ブッフェは案外普通だったかも!?

朝食ブッフェはマハイナウェルネスリゾートの中の【ビュッフェレストラン マーセン】で開催されます。
営業時間は7時~10時となっているんですが、季節によって営業時間がかわります。

 

ブッフェ会場の中に階段があって、上下に席が別れていました。
私は子供たちもいましたし、あんまり料理と席を離したくなかったのでスタッフさんにお料理と席が近い場所でおねがいしました。

そこまで混雑してなかったから、言えた我がままでもあるんですけどね(^_^;)

 

中庭が見えるテラス席もありました。
中庭にはガーデンプールがあるので、プールを見ながらの朝食はオシャレですよ~。

料金は旅行プランに特典としてついていることも多いので確認してみましょう。

印象としてはぶっちゃけ普通です(゚∀゚)
通常の和洋食ブッフェと沖縄料理が少しありました。

 

なんとなく豚肉料理が多かったかな~?と思いますけど、地元食材であるゴーヤメニューも多かったのは嬉しかったです。
子供たちはゴーヤが苦手だったんですけど、ホテルマハイナのゴーヤはそこまで苦くなかったみたいでパクパクお代わりしてました。

 

全体的に沖縄色は薄めです。
普通の洋食バイキングだったので子供たちも私たちも馴染みのあるメニューを朝から楽しめました。

 

特に朝のバイキングって子供たちにとっては楽しいみたいで、フルーツや沖縄そばをたくさん食べてました。

 

会場は小さめですけど、ライブキッチンもあってオムレツを作ってくれます。
オムレツの具に、たまねぎ・ハム・チーズの3種類を選べます。

 

私のおすすめは断然ハム!
いや・・・他の二つも美味しいんですけど、ハムと卵の絶妙な味が忘れられません(n*´ω`*n)

フルーツもスイーツも沖縄らしいものはなかったので、ちょっとだけ残念でした。
せっかくだからブルーシールアイスやパイナップル、マンゴーとかがあると更に楽しめますよねー!

ガーデンプールも普通!?

マハイナウェルネスリゾートには中庭にあるガーデンプールだけじゃなくて、屋内プールもあります。
屋内プールは通年で営業時間は9時~21時と変わりませんが、屋外プールは季節ごとで営業時間がかわりますので注意してください。

 

連休中や旅行シーズンのときはもちろん、冬場でガーデンプールを楽しめないときでもバンドの生演奏があります!
夜のライトアップしたプールの傍でするライブは良いですね~。

 

プール近くのデッキチェアに座って聞きほれちゃいます( *´艸`)

プールサイドには南国らしいヤシの木のようなものが生えているので、リゾート気分がもりもり上がっていくんですよね~。

 

泳げる季節にいくのであれば、ぜひ黒ひげ危機一髪の水しぶきバージョンを楽しんでみてください(笑)
めちゃめちゃハラハラドキドキするので子供たちと一緒にやってみてくださいね~。

 

屋外のキッズプールは水深が60cmなので保育園くらいの子供でも足がつくので、比較的安心ですよ。

屋内のプールには監視員さんがいます。
リゾートホテルの監視員はけっこう緩い感じの人が多いんですけど、マハイナウェルネスリゾートではしっかり子供たちを見ててくれます。
プールサイドを走ったり飛び込みをしたら、しっかり注意されてましたもん( ´∀` )

 

プール用のロッカーは少し古かったりしますけど、利用は問題なくできます。

大浴場はお肌に良さそう~!

宿泊者は無料で利用できる岩風呂が大浴場「マハイナ塩泉」です。
マハイナウェルネスリゾートにはプライベートビーチはないですけど、海洋博公園の近くにはエメラルドビーチもありますし海で遊ぶことも可能です。

 

ただ沖縄の日差しって、めちゃめちゃ痛いんですよね~(゚Д゚;)
観光や海で散々遊んでると、肌が日焼けしてピリピリしちゃうんですよ。
珍しく体もたくさん動かすので、ツライことになりますよ~。

 

そんなキッツキツな体とお肌に良いのがマハイナウェルネスリゾートの大浴場です。

湯温が少し低めなので、日焼けした肌でもそこまで痛くないですし、長湯で疲れた筋肉をほぐしてくれます。
翌日の沖縄観光も目一杯楽しむことができるので、絶対ゆっくりリフレッシュしてください。

 

うちの子供たちはお風呂に浸かるとすぐに熱い!といってあがりたがるのですが、初めて大浴場で長湯ができました。
逆に泳ぎたがって困ったことにもなったんですけどね(笑)

営業時間が16時~23時と夜だけの営業になります。
せっかくだから朝ぶろしたかったな~。

 

貸出タオルなどはありませんので、部屋から持っていくようにしてください。
脱衣場はロッカーがなくて、ただの籠に洋服を入れることになります。

貴重品は部屋に置いてきた方が盗難の心配はないので、気を付けて下さいね。

 

うちの母は旅行先で籠タイプの脱衣場で財布を丸ごと盗まれたことがありますから・・・(*_*;

ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワのアクセス情報

ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワのアクセス情報をまとめておきます。

住所:〒905-0205 沖縄県国頭郡本部町字山川1456
電話:0980-51-7700
公式HP:https://www.mahaina.co.jp/

ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワに行くには、バスか車での交通手段になります。
どちらでも構わないんですけど、私はレンタカーを那覇空港の近くで借りて高速道路を使いました。

駐車場が無料で利用できるので、停めっぱなしでも問題ありません。

海洋博公園の近くにあるので、どうしても那覇空港からは2時間くらいかかります。

調べたところバスでは2時間~2時間30分くらいはかかるみたいですよ~(*_*;
料金は2000円くらいなのでレンタカーよりも安くはありますね。

地図はこちらになります。

スポンサーリンク
おすすめの記事