沖縄そばといえば、沖縄のB級グルメの代表格ですが、一回食べれば満足!と思っていませんか?
前田食堂では一風変わった、見た目も味もパンチの効いた沖縄そばが食べられるので、ちょっと飽きてしまった人にもおすすめです。

今回は前田食堂のメニューやお店について紹介していきますね!

前田食堂は地元民もよく行くお店

前田食堂は胡椒がきいた牛肉そばが有名なお店です。
沖縄そばが有名ですけど、メニューは他にも牛筋カレーや焼肉定食もコストパフォーマンスが高いです。
定食としてこれぞ鉄板!というメニューも多いので、地元のお客さんも来店するんですよね~。

 

店舗が名護と国頭郡の二つにあって、本店?は国頭郡のほうですね。
どちらも行ってみたんですけど、駐車場が停めやすかったのは名護のお店でした!

大宜味村

国頭郡の大宜味村にある前田食堂のいわゆる本店です。
沖縄の中でも北部の方に位置しているので、那覇市内や那覇空港からわざわざ行くとなると、遠すぎる感じは否めないですね。

大宜味村を通りすぎて更に北上していくと、やんばる国立公園や辺戸岬など大自然が楽しめる沖縄北部の観光ができるので、少し日常から離れてゆっくりしたい人におすすめです。

前田食堂の名護店

名護市の中でもネオパークオキナワやナゴパイナップルパークなどの自然が楽しめる施設があるエリアにあります。
美ら海水族館にいく途中にも寄りやすいので、沖縄観光の途中でB級グルメを味わうのに最適なのが名護店です。

 

駐車場が少しお店から離れてましたけど、広めの駐車場だったので助かりました。

 

お店本体がこじんまりしているので、運転していると見つけにくく通り過ぎちゃいました(;´・ω・)
店舗の大きさに合わせて店内も小さいので、地元客もきているとすぐに席がいっぱいになってしまうので注意してください。

前田食堂は、どちらのお店もおいしいですし、どちらかのお店でメニューが特別になっていることもありませんでした。
ただ定休日や営業時間がそれぞれ異なるので、気をつけてくださいね。

 

スポンサーリンク

牛肉そばが看板メニュー!

前田食堂での看板メニューは、なんといっても、大量のもやしを使った山盛りの見た目が印象的な【沖縄そば】ですね。

 

沖縄そばなんですけど、ソーキやテビチといったお肉は入ってなくて、沖縄では珍しい牛肉を炒めたものが入ってるんです。
もやし炒めもですけどお肉炒めも塩コショウ・・・特に胡椒がかなり効いてるので小学生くらいの子供さんにはかなりツライです(*_*;

丼ぶりから溢れるほどのもやしのせいで麺が見えないんですよね( ;´Д`)

沖縄そばの麺は少し固めに湯がいてあるので伸びることはないんですけど、麺にたどり着くまでぶっちゃけ飽きます(笑)

もやしの真ん中てっぺんくらいから、真っ直ぐ下に食べ進めてまずは穴をあけましょう。
そこから麺をすすりながら、もやしを攻略していくとやりやすいです。

 

男性陣はライスも頼んで、そばの濃い汁と一緒に食べてて美味しそうでしたけど大サイズを一人で食べた私はとてもじゃないですけど食べれませんでした。
普通の女性が食べるなら小さサイズでもじゅうぶん食べれます。

 

複数人でいくのであれば、大サイズを一つと他の料理を頼んでシェアしたほうが無難です。
テビチや焼肉定食といったコスパが良く、美味しい料理を楽しんでください!

スポンサーリンク

前田食堂へのアクセス情報

前田食堂について各店舗情報を紹介しておきます。

前田食堂(大宜味村)
住所:〒905-1318 沖縄県国頭郡大宜味村字津波985
電話:0980-44-2025
営業時間:11時~17時
定休日:水曜日

駐車場はお店の目の前にあります。
場所はわかりやすいんですけど、駐車台数が10台前後だったのですぐに満車になってました。
第二駐車場とかもありませんので、満車だった場合は近くを周回することになります( ;∀;)

大宜味村の前田食堂までの地図はこちら

前田食堂 名護店
住所:〒905-0011 沖縄県名護市宮里6丁目9−5 ブルー・パシフィック
電話:0980-54-0331
営業時間:11時~16時30分
定休日:火曜日

名護店の駐車場はお店から50mほど離れた場所にあります。
お店は小さいですが、駐車場は割と披露目になっていて、駐車場内の事故とかも気にしなくて良いです!

お店周りの車道が少し狭いですので、通り過ぎないように気をつけてくださいね。
私はつい通りすぎてしまってUターンできなかったので(;^ω^)

前田食堂の名護店の地図はこちらになります。

 

スポンサーリンク
おすすめの記事